読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳で自己破産。ギャンブル依存が招いた悲劇~人生終わったブログ~

ギャンブル依存症~自己破産まで はじめまして!究極の楽観主義者「フリーダム・イタオ」です。 このブログはギャンブル依存症であるワタクシ「イタオ」の真実の物語。 現在30歳で自己破産をしてスッキリした心境の中で これまでの自分と向き合い 誰にも言えなかった心の内から当時の悩みなど 回想しながら物語調に綴っていこうと始めたブログである。こんなワタクシでも楽しく生きてるのだからあなたも大丈夫!!

裸足の少女との出会い

番外編

番外編

 

 

ギャンブル依存症で自己破産者のワタクシの話をかれこれ書いていますが

 

それだけのブログもなんなのでスカウト会社に勤めてる最中に出会った謎の人間達についてたまには書いてみようと思います。

 

 

最初の謎人間はワタクシがスカウトを初めて1ヵ月くらい経ったある日…

 

 

夜の22時くらいでしょうか?

 

大都会池袋であどけない少女と出会いました。

 

 

 

 

いつも通りフラフラと女性の顔を見ながら歩くワタクシ…

 

 

余りヒトケのない裏通りのガードレールに女の子がポツンと腰をかけて座ってます。

 

 

 

 

お?

 

 

これはチャンスか?(やましい意味ではなく、暇そうにしてる女の子は話を聞いてくれる率が高い為)

 

 

 

さりげなく前を通ってみる…

 

スラッとしてて綺麗な顔立ち。

 

 

 

綺麗な子だな~

 

 

 

でも…ん?

 

 

若そうだぞ?ん?

 

 

 

 

 

いや、むしろ若すぎないか?

 

 

 

 

どう見ても中学生

 

 

下手したら大人びた小学生と言っても過言ではない。

 

 

当然18歳以下は入店させるのも違法なのでスルーしました。

 

 

結構綺麗な子だったのにおしかったなとその辺をフラフラする事1時間…

 

 

あの裏通りに戻ってみるとまだあの少女がいるではありませんか!!

 

 

おいおいおい。

 

 

もう23時過ぎてるぞ?

 

 

しかもしかも3月と言えど夜はマフラーをつけてる人もいるくらいの気温。

 

 

そんな中よく見てみたら裸足じゃありませんか!!!(ショートパンツにスニーカーだったから判明)

 

 

うわー

 

 

物凄い訳あり感…

 

 

どうしようかな~

 

 

触らぬ神になんとやらだよな~

 

 

やーめた!!!

 

めんどい事に関わるのはよそう!!

 

 

 

 

 

と見て見ぬフリをしてその場をまたスルーしましたw

 

 

そして事務所で帰る支度をして帰宅しようと帰りがけにまたあの裏通りを覗くと…

 

 

 

 

 

 

まだいる~~

 

 

 

 

もう終電間際だよ~

 

 

せっかくスルーしたのになぜまたここを覗いた、ワタクシのバカ…などと心の中で叫びながら親心で声をかけてみました

 

 

 

ワ「ずっとここにいるよね?何してるの?ってか寒くないの?」

 

女「寒い。親と喧嘩して飛び出してきた」

 

ワ「中学生くらいっしょ?ここらへん物騒だし親に謝って家帰りなよ」

 

女「帰る電車賃ないし、もう電車もない」

 

ワ「え?今の時間に電車ないってどこからきたの?」

 

女「群馬」

 

 

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

軽く電車で2時間かかるやん

 

 

アホやこいつ

 

 

 

と心で思いながら

 

ワ「じゃあもう帰れないじゃん。なんでこんな所まできたの?」

 

女「ここまで出てくればどうにかなるかと思って」

 

ワ「どうにか?」

 

女「うん、ナンパとかしてきた人に泊めてもらえるし」

ワ「あーそうゆう目的ね。でも危ないんじゃない?」

 

女「うん…でもしょうがないし…」

 

 

うーゎ

 

やっぱりめんどくせー事になった

 

家出少女かよ

 

 

様々な葛藤をしつつもこのまま放っておいてなんかあったら目覚めが悪いと思い…

 

 

 

ワ「部屋余ってるしそこでよければ貸すけど来る?」

 

女「うん」

 

 

そしてそのままルームシェアメイトに確認を取り家に連れて帰る事になりました。

 

これ今更なんですけど、警察に言えば良かったなと思いましたw

 

 

相手は未成年だし良かれと思って保護しても誘拐扱いされてもおかしくないよなと後で考えて怖くなりましたね。

 

 

そしてその女の子を連れて電車で帰宅。

 

 

帰宅後、シェアメイトに紹介しみんなで鍋を食べたんですけど、この女の子がまー喋らない。

 

 

 

 

まー20歳前後の男3人に囲まれて鍋食べてても不安しかないかw

 

 

 

多分この後何かされるかもという警戒心が凄かったのかな?

 

 

 

ワタクシ達からしたらもう少し楽しそうに会話してくれって感じだったけど。

 

 

そしてお風呂を貸してあげて、パジャマを貸してあげて、布団を貸してあげたわけです。

 

 

 

そしてそして朝出勤する時に一緒に家を出て、帰りの電車賃と何かあったら電話しなさいと携帯番号を書いた紙を渡しました。

 

 

 

 

名前も聞かず、年齢も聞かず、大した会話もせず家に泊めるという不思議な経験だったな~

 

 

 

元気にしてるかな?

 

 

綺麗な子だったから携帯でも買ったら連絡してくれという下心ありだったのにな~

 

 

 

というワタクシの不思議少女との出会いでした。

 

 

東京には色々な子がいますね。

知らない男の人の家に泊まるとかよい子は絶対真似しちゃダメですよw

 

 

ちゃんちゃん